2013年09月08日

中国切手価格下落中

■中国切手ブームの影響で高騰するも、景気減速で価格は下落中。

 

早く売った方がお得です!
中国切手の中で、とりわけ高値なのが中国の京劇俳優を図柄にした1962年発行の

「梅蘭芳(メイランファン)舞台芸術小型シート」で1点で100万円を超えるものがあります。

中国切手は現在、こんなにも価値のある切手として注目されています。

 

では、なぜこんなにも価値が高騰しているのでしょうか?

切手に詳しい専門家によると「値上がりしているのは中国切手。経済成長を背景に、

中国の富裕層の間でブームが起きているのです」とのこと。
中国切手といっても、高値がつくのは50年代~90年代のものが中心です。
文化大革命で、切手収集が禁じられたため、国内にあった古切手は大半が失われ、

また文革後も人々の生活水準にあまり余裕が無くコレクションがそれほど中国内に残っていません。
日本ではかつて中国切手を専門に集める収集家が多くいたこともあり、個人で保有している方が多いのです。

これは、中国が外貨獲得のために切手を輸出していたことも背景となっています。
中国からブローカーが続々と来日し、個人や切手商から買い取って中国に流しているというシステムです。

専門家によると「最近では中国景気が減速し、一時期より相場は下がりました。
ただ当面は高水準が続くのでは?」という見解です。

 

もし、手元に中国切手をお持ちの方がいらっしゃいましたら、価値が高騰している今が売り時かもしれません。

 

株式会社金太郎 株式会社金太郎

株式会社金太郎



金太郎最新買取状況&ニュース

メールでのお問い合わせはコチラ

金太郎がお客様に支持される理由

よくある質問

買取商品一例

お問い合わせはコチラ

TEL:0120-410-731

メールでのお問い合わせはコチラ

金分割コンシェルジュ

横綱のチラシ

徹底した情報管理

お客様よりお売りいただいた商品、またお客様個人のプライバシーなどの情報はすべて徹底して厳重な管理をしております。安心してご利用ください。

プライバシーポリシー

このページの先頭へ戻る